学習について

オートモビル工学科

学科の特徴

オートモビル工学科では、自動車を構成する各装置の構造と機能について学びます。 自動車が多くの装置や部品から出来上がっていることを理解する。将来、整備技術のスペシャリストとして社会で活躍・貢献できる人材を育成します。 本校は、「第一種自動車整備士養成施設」の認証を受けているため、下記に記す「自動車整備」履修パターンを選択すると、3級自動車整備士受験の実技試験が免除されます。


履修パターン

「自動車整備」
自動車整備実習・自動車工学などの科目で自動車についての基礎・基本を学習した後、自動車整備技術を学びます。 国土交通省の3級自動車整備士の資格取得を目指した学習を行います。 自動車関連の就職・進学を目指します。

「自動車製作」
自動車製作実習・自動車工学・CAD製図などの科目にて、自動車の基礎・基本を学習した後、省エネルギー自動車・ソーラーカー製作などの自動車を題材として、実践的な溶接技術・塗装技術・製図などの工業技術を広く学びます。 工業全般への就職・進学を目指します。


卒業後の進路

こちらより過去3年間の実績がご覧いただけます。


資格取得

3級自動車整備士
ガス溶接技能講習修了証
危険物取扱者(乙種4類)

こちらより平成30年度までの資格等取得者数の実績がご覧いただけます。


大会・コンクール等実績

ものつくり大会自動車整備部門全国大会出場
Hondaエコマイレッジチャレンジ出場