学習について

システム工学科

学科の特徴

本校の「システム工学科」の”システム”とは、コンピュータシステムや電気システムの”システム”を意味します。
1年次の後期より専門性を高めるために、「コンピュータシステム」と「電気システム」にコース分けをして学習をします。


履修パターン

「コンピュータシステム」
情報技術科の学習内容を中心に、情報、電子、電気の要素の学習をします。また、コンピュータのハードウェアやソフトウェアなど幅広く知識や技能を身につけます。コンピュータの構造や機能、OSやアプリケーションソフトなどについて学ぶとともに、ネットワーク技術や簡単なプログラミングについて学びます。

「電気システム」
主に電気、電子、情報の要素の学習をします。電気に関する基礎から、電気をつくる事や、電気を利用する事、電気を制御する事などについて学びます。在籍中に、第2種電気工事士の取得を目指します。電気系の所定の単位を修得し、卒業後に電力系企業で実務経験3年を経ることで、電気主任技術者(電験3種)の認定資格や第2種電気工事士の試験で、筆記試験が免除となります。

六郷工科高校は他の工業高校より授業時間数が多いためシステム的に学習します。


卒業後の進路

こちらより過去3年間の実績がご覧いただけます。


資格取得

「電気システム」の推奨資格
計算技術検定3級 低圧電気取扱業務に係る特別教育 第2種電気工事士 第1種電気工事士 2級電気工事施工管理技術検定 表計算検定3級 ワープロ検定3級 陸上特殊無線技士3・2級 電気システムでは、電気主任技術者認定校になっています。一定の基準にクリアーすると卒業後資格が取得できます。また、電気工事士の筆記試験免除もあります。

「コンピュータシステム」の推奨資格
計算技術検定2級 ITパスポート 基本情報技術者 DD3種工事担任者 AI3種工事担任者 表計算検定2級 ワープロ検定2級 陸上特殊無線技士3・2級 パソコン検定 準2級・2級

こちらより平成30年度までの資格等取得者数の実績がご覧いただけます。


大会・コンクール等実績

工業高校生徒成果発表会 第3位(平成22年度)
工業高校生徒成果発表会 準優勝(平成23年度)
工業高校生徒成果発表会 東京都産業振興会賞(平成24年度)
東京都高等学校電気工事士競技会 準優勝(平成24年度)