学校生活について

今日の六工 バックナンバー(2020年12月)

今年最後の全体集会を行いました (2020年12月25日)

昨日で今年最後の授業となりました。本日は冬季休暇前の全体集会を放送で行いました。

校長先生からは、
今年は色んな人たちや活動が制限されてしまう1年でした。若い皆さんには様々な人たちや経験をとおして人と人とのつながりを大切に感じてほしいです。
コロナ禍においても、目標をもってコンテストや作文で受賞を果たしている生徒もたくさんいましたね。
昨日は、本校ラグビー部と國立羅東高級工業職業学校で合同練習・国際交流をオンラインで行いました。最後には元気良くコミュニケーションを取って、楽しい時間を過ごせたのではないかと思います。
そして休みの期間は、「自分は絶対にコロナにかからない」という強い決意をもって感染防止対策をして過ごしてください。

生活指導部の先生からは、
今年は、心無い言葉を発して、人を傷つけるような暗いニュースがありました。相手の気持ちを尊重した人間関係を築いて、来年が良い年になるように過ごしてほしいです。 そして、冬期休暇中の過ごし方について、3つ特に注意してほしいことがあります。
①感染者数が増加している状況のため、不要な登校は避けること
②高校生を狙った犯罪の勧誘が増えている。怪しいものに手を出さないこと
③1月6日には身だしなみ指導があります。正しい身だしなみで登校すること
最後に、自転車登校の際のヘルメット着用についてです。門をくぐる時にだけ着用していたり、自転車をおして通れば着用しなくてよいということではありません。ルールが守れていないと規制を厳しくせざる終えなくなります。みなさんが規律を守れているから、自由が保障されています。年明けからもルールを必ず守るようにお願いします。

以上のお話がありました。全員が健康に年明けを迎えられるよう、新型コロナウイルスの感染予防対策を徹底して過ごしましょう。


校長先生からのお話


生活指導部の先生からのお話

東京都産業教育振興会主催の作文コンクールで佳作をいただきました (2020年12月25日)

本校のサキャアシス君(3年C組)が東京都産業教育振興会主催の作文コンクールにおいて佳作を受賞されました。おめでとうございます。




台湾 國立羅東高級工業職業学校と本校のラグビー部がオンライン交流を行いました(2020年12月25日)

昨日12月24日に、姉妹校である台湾宜蘭県 國立羅東高級工業職業学校と本校のラグビー部がZOOMを使用してオンラインで交流を行いました。通訳は主に、康 志豪くん(3年C組)に担当してもらいました。
オープニングは、本校ラグビー部の部活動の様子をまとめた動画紹介から始まりました。そして、画面越しに一緒にトレーニングを行なったり、チーム一丸となって練習してきた「スペシャル出し物」の発表をしたり、國立羅東高級工業職業学校からは練習風景を中継していただいたり、最後には生徒同士で質疑応答を行ったりしました。
最初は、緊張や言葉の壁を不安に感じているようでしたが、ボディランゲージをしたり、簡単な中国語に挑戦したり、積極的にコミュニケーションを図ろうとする様子が見られました。
オンラインでの姉妹校との交流は初めての試みでしたが、別れの時間を迎えることろには両校の生徒から笑顔がこぼれ、「来年にひかえる台湾への修学旅行の際には練習試合をしよう」と堅く約束を結びました。わずか50分の中での交流でしたが、ラグビーに真剣に取り組む生徒同士刺激を受け、非常に有意義な時間となりました。


部員からのあいさつ


「部活紹介動画」を流す様子


本校生徒からの「スペシャル出し物」


國立羅東高級工業職業学校からいただいた写真①


國立羅東高級工業職業学校からいただいた写真②


國立羅東高級工業職業学校からいただいた写真③


國立羅東高級工業職業学校のフェイスブックにて本校との交流について記事を掲載いただきました!

デュアルシステム科の1年生20名が受験した計算技術検定3級の合格者8名に対し、合格証書を授与しました(2020年12月18日)

本校1年生のデュアルシステム科20名が計算技術検定3級を受験しました。合格者8名に対し、デュアルシステム科科長から合格証書を授与しました。





※当日欠席者一名(合格証書は後日授与)

計算技術検定とは、“公益社団法人 全国工業高等学校長協会”が主催する計算力の検定試験です。電卓を正しく利用出来る能力向上を目的とする試験で、工業では習わないものも含む数学の基礎的な内容を行います。 “四則・関数・実務計算”の3種類を行い、それぞれ70点以上で合格となります。
工業数理基礎の授業や補習に参加し、資格取得に取り組みました。計算技術検定3級は、1年生のデュアルシステム科では初めての資格になります。 これを機にさまざまな資格取得に取組み、それぞれの可能性を大いに広げていただければと思います。

デュアルシステム科の1・2・3年生がインターシップ・長期就業訓練期間を終え、学校への登校が始まりました (2020年12月15日)

本日から、デュアルシステム科の1・2・3年生がインターシップ・長期就業訓練期間を終え、学校に登校し始めました。
1年生は2社合わせて10日間のインターンシップ、2・3年生は約1か月間の長期就業訓練を行いました。それぞれが将来を考えて希望した長期就業訓練先にお礼状を書いています。


1年F組の様子


2年F組の様子

3年F組の様子

インターンシップ・長期就業訓練先の企業様には、仕事中の貴重な時間を使って彼らに指導をして頂きました。 それぞれの思いを込めて丁寧にお礼状を書き、近日中に発送する予定です。関係企業様、誠にありがとうございました。

“有限会社 オートショップ一冨士 様”にインターンシップ・長期就業訓練中のデュアルシステム科1・3年生にインタビューを行いました (2020年12月14日)

デュアルシステム科によるインターンシップ・長期就業訓練ですが、訓練中の生徒にインタビューを行いました。
今回、インタビューを行ったのは、1年F組の中野君と3年F組の金丸君です。
中野君・金丸君の訓練先は、有限会社 オートショップ一冨士 様 です。

インタビュー内容と写真は以下のとおりです。


◇◇◇◇◇ 中野君 ◇◇◇◇◇

“有限会社 オートショップ一冨士 様に志望した理由は何ですか”
「バイクが好きで、少しでもバイクについて知れたらいいなと思い、志望しました。」
“インターンシップも最終日ですが、どのような心境ですか”
「最初はわからないことばかりでしたが、バイクのタイヤ交換など、徐々にできることが増えてきて、楽しくなってきました。オートショップ一冨士様を選んで本当に良かったと思っています」
“職場の環境はどうですか”
「優しい人ばかりで良かったです」
“今後に向けての意気込みを聞かせてください”
「まだまだバイクについての知識や技術・技能が足りていないと感じています。2・3年生になってもオートショップ一冨士様を志望して学びたいと思っています」


◇◇◇◇◇ 金丸君 ◇◇◇◇◇

“有限会社 オートショップ一冨士 様に志望した理由は何ですか”
「幼いころから乗り物が好きで、デュアルシステム科で唯一オートバイの整備をしているオートショップ一冨士様にお世話になりたいと思いましました」
“有限会社 オートショップ一冨士 様に今回含めて4回長期就業訓練を行わせて頂いたと思います。どのような心境ですか””
「バイクの整備について、ある程度一人でできるようになりました。自分のバイクも少しですが整備できます」
“就職先はどういったところですか”
「トラックの整備関係です」
“オートショップ一冨士様の環境はどうですか”
「企業の方とは接しやすく、非常にいい距離間で作業をさせて頂いています」
“今後に向けての意気込みを聞かせてください”
自分が日本の物流を支えているという意識を強く持って、切磋琢磨していきたいと思います」

インタビューは以上です。ありがとうございました。

インターンシップ・長期就業訓練中のデュアルシステム科1・2年生にインタビューを行いました (2020年12月14日)

デュアルシステム科によるインターンシップ・長期就業訓練ですが、訓練中の生徒にインタビューを行いました。
今回、インタビューを行ったのは、1年F組の岩﨑君と2年F組の高梨君です。
岩﨑君の訓練先は、有限会社 シモン精工 様 です。
高梨君の訓練先は、株式会社 エアコンサービス 様 です。

インタビュー内容と写真は以下のとおりです。



◇◇◇◇◇ 岩崎君 ◇◇◇◇◇

“有限会社 シモン精工 様に志望した理由は何ですか”
「フライス盤について興味がありました。実際に見学した際、他の企業とのやり取りなど色々な場面を体験させてくれるとのことで志望しました」
“インターンシップも最終日ですが、どのような心境ですか”
「触ったこともなかった機械を操作させて頂き、いい評価もして頂いているので、満足です」
“職場の環境はどうですか”
「とても丁寧に教えて頂いています。車に乗せて頂いたり、他の企業様も見学させて頂いたりなど、とてもよくして頂きました」
“今後に向けての意気込みを聞かせてください”
「機械加工や製品の取り扱いについて学ばせていただいたので、自分自身の糧として活かしていきたいと思います」
“最後に何かありますか”
「仕事をしてみて、その大変さが身に沁みました。両親に感謝しています。」


◇◇◇◇◇ 高梨君 ◇◇◇◇◇

“株式会社 エアコンサービス 様に志望した理由は何ですか”
「空調関係の仕事に興味がありました。実際に作業を体験し、自分の知識や技術・技能を高めたいと思い、志望しました」
“長期就業訓練が始まって3週間以上経ちますが、実際に作業をしてみてどうですか”
「一日一日の作業の中で、掃除の仕方や工具の取り扱いなどを教えて頂きました。専門的なことだけではなく、工業人としてのお客様に対する配慮なども学ばせて頂きました」
“現在どのような作業をしていますか”
「メンテナンス・修理・工事・クリーニング・冷媒ガス回収などをしています。16時には現場から会社に戻ってきて、今日あったことの振り返りをして頂いています」
“職場の環境はどうですか”
「施設がとてもきれいで、それを維持しているのがすごいと思っています。また、上下関係がしっかりしており、上司の方に優しくしっかり指導して頂けるので、とてもありがたいと思っています」
“今後に向けての意気込みを聞かせてください”
「この一か月間、空調の専門的な知識だけではなく、安全のことやお客様に対する接し方などの大切なことをしっかり身につけて、活かしていこうと思います」


インタビューは以上です。ありがとうございました。

「都立高校生等ボランティア・サミット FINAL ~Forever~」が行われました(2020年12月12日)

12月12日(土)「都立高校生等ボランティア・サミット FINAL ~Forever~」が行われました。今年は初めて、ハイブリッドで行われました。約130校の都立高校がオンライン上で参加し、ディスカッションに参加しました。ボランティア推進校の生徒達は会場に集まり、司会、パネルディスカッション、ボランティア宣言を担当しました。
本校の生徒達も数日前から原稿の読み込みをして、当日の早朝も真剣に確認。練習に励んできました。
ウェブ上での参加校とも交流し、見聞を広げました。たとえば「『be my eyes』というアプリを活用して、目の不自由な方をサポートできること」「これからのボランティアとして『オンライン上での話し相手になる』『高齢者宅にオンラインの操作方法をサポートする』等、新しい形のボランティアが出てくること」等、活発に意見交換されました。また「ボランティア自体が目的ではない。ボランティアに参加して、沢山の人と関わって、社会の課題を自分で発見してほしい」という助言もありました。
「ありがとうの気持ち」を、ちょっと行動にうつす「ちょいボラ」。「ちょいボラ」の気持ち、ちょっとした優しさが社会をより良くする第一歩。
「『ありがとう』と言う立場から『ありがとう』と言われる立場になりたい。」本校の生徒達も、準備やディスカッションを通して「達成感に満ちあふれる表情」で、今後の目標を話していました。

早朝、集合前の台本の読み込みの様子




午前中のリハーサルおよび練習の様子





本番中の活動の様子







推進校全体での集合写真


左から、飯野君(2C)、赤松君(2A)、角田君(2A)、田嶋君(1F)

令和2年度第2回体験授業を行いました(2020年12月12日)

本日12月12日(土)午後に、令和2年度第3回学校説明会を実施しました。
5学科に分かれてものづくりの体験をしていただきました。中学生のみなさんは、とても真剣に熱中して取り組んでいる様子でした。


全体集合


プロダクト工学科:金属を溶かしてキーホルダーの製作


オートモビル工学科:自動車整備の実習体験


システム工学科:ブレッドボードで作る簡単な電子回路


デザイン工学科:初めてのデッサン授業体験


デュアルシステム科:立体モデルの製作

令和2年度第3回学校説明会を行いました(2020年12月12日)

本日12月12日(土)午前中に、令和2年度第3回学校説明会を実施しました。49組93名のたくさんの中学生のみなさんまた保護者の方々にお越しいただきました。
今回の学校説明会が今年度最後の説明会となります。ご参加いただきましたみなさまありがとうございました。



受付の様子


全体説明会(食堂):校長挨拶


全体説明会(食堂):教務部


全体説明会(食堂):生活指導部


全体説明会(食堂):キャリア教育部


学科別説明:プロダクト工学科


学科別説明:オートモビル工学科


学科別説明:システム工学科


学科別説明:デザイン工学科


学科別説明:デュアルシステム科

インターンシップ・長期就業訓練中のデュアルシステム科1・3年生にインタビューを行いました (2020年12月10日)

デュアルシステム科によるインターンシップ・長期就業訓練ですが、訓練中の生徒にインタビューを行いました。
今回、インタビューを行ったのは、1年F組のミカエル君・山﨑君と3年F組の千島君です。
山﨑君の訓練先は、株式会社 ジェイエムエス 様 です。
ミカエル君・千島君の訓練先は、株式会社 三葵 様 です。

インタビュー内容と写真は以下のとおりです。

◇◇◇◇◇ 山﨑君 ◇◇◇◇◇

“株式会社 ジェイエムエス 様に志望した理由は何ですか”
「溶接作業に興味があったからです」
“インターンシップが始まって3日が経ちましたが、どのような心境ですか”
「疲れました。初めてで覚えることが多く、作業ではコツをつかむことが難しいです」
“どんなことを学びましたか”
「溶接作業について学んでいますが、だまができてしまい苦労しています。うまくはなっているけど、思うようにできないことが大変だと思っています。経験あるのみといわれたので、繰り返し行い技能を高めたいと思っています」
“職場の環境はどうですか”
「とても楽しくできています。休憩時間には、冗談を交えてコミュニケーションをとることができています」
“今後に向けての意気込みを聞かせてください”
「失礼のないように取り組みたいです。会社の人からは、朝と帰りは事務所で挨拶するように言われたので、心がけていきたいです」


◇◇◇◇◇ ミカエル君 ◇◇◇◇◇

“株式会社 三葵 様に志望した理由は何ですか”
「ロボットとPLCを学びたかったからです」
“インターンシップが始まって3日が経ちましたが、どのような心境ですか”
「元気にできています。リレーの取り付けなどを行い、新しいことを学ぶことができています」
“どんなことを学びましたか”
「制御盤についてやラダー図について教えてもらいました」
“大変なことは何ですか”
「働くことは大変だと思っています。図面を理解するときに漢字が多く苦労していますが、自分でメモを取り、わからない漢字はスマホで調べて工夫しています」
“今後に向けての意気込みを聞かせてください”
「最後まで、しっかりとやっていきたいです」


◇◇◇◇◇ 千島君 ◇◇◇◇◇

“株式会社 三葵 様に志望した理由は何ですか”
「制御盤について、興味があったからです」
“長期就業訓練が始まって3週間以上経ちましたが、どのような心境ですか”
「遅刻・欠席がなく、ここまでこれてよかったです。新型コロナウィルスの感染者が多くなっていますが、体調管理に気を付けて頑張りたいと思います」
“どんなことを学びましたか”
「リレーやマグネットコンタクターについて学びました。また、ロボットティーチングについても学んでいます」
“大変なことは何ですか”
「制御盤の配線作業を行っていますが、きれいに配線をまとめることが大変です。センスが大事だと思いました」
“今後はどのような作業をしますか”
「制御盤の配線作業を行っているので、ミスなく、きれいに配線できるように心がけていきます」
“今後に向けての意気込みを聞かせてください”
「内定をいただいているので、技術を身につけ、知識を蓄えていきたいです。4月からは、社員として実践的な力を身につけていきたいです」


インタビューは以上です。ありがとうございました。

「令和2年度 明るい選挙ポスターコンクール」でデザイン工学科生徒作品が受賞しました(2020年12月10日)

「令和2年度 明るい選挙ポスターコンクール」にて、デザイン工学科の生徒2名が賞をいただきました。おめでとうございます。受賞した作品は新宿区東京都庁舎のギャラリーにて展示されました。※展示期間は終了しています


東京都庁舎ギャラリーの様子


優秀賞:デザイン工学科2年生 城 結斗さん


入賞:デザイン工学科2年生 菱沼 ユリアさん

長期就業訓練中のデュアルシステム科3年生にインタビューを行いました (2020年12月9日)

デュアルシステム科による長期就業訓練ですが、訓練中の生徒にインタビューを行いました。
今回、インタビューを行ったのは、3年F組の渡邉君と後藤君です。
渡邉君の訓練先は、千蔵工業 株式会社 様です。
後藤君の訓練先は、有坂弁栓工業 株式会社 様です。

インタビュー内容と写真は以下のとおりです。

◇◇◇◇◇ 渡邉君 ◇◇◇◇◇

“千蔵工業 株式会社 様に志望した理由は何ですか”
「前期長期就業訓練からお世話になっていて、自動ドアの組み立ての作業がとても楽しいので、志望しました。」
“どのような作業をしていますか”
「自動ドアの台板、エンジン、CBの組み立てを行っています。」
“前期長期就業訓練と後期長期就業訓練で気持ちの変化はありましたか”
「前回より難しい作業を頼まれるようになり、さらにチャレンジしようという気持ちが大きくなりました。」
“職場の雰囲気はどうですか”
「休憩中に1人でいると、皆さん話しかけてくれます。世間話をしたり、六郷工科の先輩とは学校の話をしたりと、とても楽しいです。会社内の社員さん同士も仲が良く、とてもいい雰囲気です。」
“今後に向けての意気込みを聞かせてください”
「ミスなどをなくし、一般的な物だけでなく、様々な種類の物を組み立てられるように頑張ります。」


◇◇◇◇◇ 後藤君 ◇◇◇◇◇

“有坂弁栓工業 株式会社 様に志望した理由は何ですか”
「今年度技能検定普通旋盤技能士3級を受験する予定です。有坂弁栓工業 様で技能を高めたいと思い、志望しました。」
“長期就業訓練が始まって3週間以上経ちますが、実際に作業をしてみてどのような心境ですか”
「かなり慣れてきました。しかし、慣れてきたことによりミスをしたり注意力が散漫になっています。」
“職場の環境はどうですか”
「わかりやすく、優しく教えて頂いています。とてもやりやすいです。」
“今どのような作業をしていますか”
「弁栓関係の内部部品を製作しています。」
“今後、どのような作業をしていく予定ですか”
「スペーサーと呼ばれる製品の修正をする予定です。」
“今後に向けての意気込みを聞かせてください”
「日々旋盤に触れています。ここで培った技術・技能を長期就業訓練が終了しても衰えないようにします。ミス一つもなく、遅刻することなく、最後まで頑張りたいと思います。」


インタビューは以上です。ありがとうございました。

蒲田警察署警察官の方に自転車事故防止対策指導をしていただきました (2020年12月3日)

12月3日(木)朝の登校時、蒲田警察署の警察官の方が来校され、自転車事故防止対策の指導をしていただきました。 自転車で登校してきた生徒は、緊張しながらヘルメット着用や基本ルールの指導を受けていました。
先日、公益財団法人日本交通管理技術協会より「自転車通学安全モデル校」に指定されました。今後も自転車に乗るときには交通ルールを守りましょう。



“ フルテック株式会社 様”に長期就業訓練中のデュアルシステム科2・3年生と卒業生にインタビューを行いました。(2020年12月3日)

デュアルシステム科による長期就業訓練ですが、訓練中の生徒と卒業生にインタビューを行いました。
今回、インタビューを行ったのは、2年F組の山沖君と3年F組の関君、卒業生の杉本君です。
山沖君・関君の訓練先、卒業生の杉本君の就職先は、フルテック株式会社 様です。

インタビュー内容と写真は以下のとおりです。

◇◇◇◇◇  山沖君 ◇◇◇◇◇

“ フルテック株式会社 様に志望した理由は何ですか?”
「元々は長期就業訓練先を迷っていたのですが、先生方から紹介して頂き、見学をさせてもらいました。その際、日頃絶対見られない内部構造やセンサーを見せて頂き興味を持ちました。また、実際に点検作業がどのように行われるのか体験してみたいと思い、志望しました」
“長期就業訓練が始まって2週間以上経ちましたが、どのような心境ですか?”
「予期せぬ修理があったり、現場によって状況が違ったりするのですが、2週間いい経験をさせて頂き、ようやく少しずつ環境に慣れてきました。自分で書類を作成したり、一人で一連の流れを最後の方に行わせていただけるようなので、それに向けて今は内容を覚えています」
“職場の環境はどうですか?”
「職場は楽しいです。六郷工科の先輩や卒業生もいて、頼りがいがあります。六郷工科の昔の話も気さくに話していただき、接しやすいです。また、事務所などが綺麗ですし、環境が整っています。困ったことも特にありません」
“今後に向けての意気込みを聞かせてください”
「最終日に点検作業の一連の動作をやるのですが、しっかりとこなせるように話を聞いて努力したいと思います」


◇◇◇◇◇  関君 ◇◇◇◇◇

“ フルテック株式会社 様に志望した理由は何ですか?”
「フルテック様に就職をするにあたり、2年の後期と3年の前期の長期就業訓練ではまだまだ学びきれないことがあり、入社前にもっと学びたいと思い志望しました」
“フルテック様に初めて長期就業訓練を行わせていただいた2年生の後期の時は、なぜ志望したのですか?”
「私は一つの工場内でじっとしている作業をするよりかは、色々な現場に行きたいと思っていました。いいところはないかと先生に相談したところフルテック様を紹介して頂き、自動ドアにも興味を持ったので志望しました」
“長期就業訓練が始まって2週間以上経ちましたが、どのような心境ですか?”
「まだまだ慣れず、学ぶべきことがたくさんあるなと感じています」
“職場の環境はどうですか”
「社員の方はみんな優しく、大変良い環境です。昨年度就職した杉本先輩とも仲良くさせていただいています」
“今後に向けての意気込みを聞かせてください”
「迷惑をかけないように自分なりにできることを頑張っていきたいと思います。来年の4月から就職が内定しているので、それに向けて吸収できることは吸収していこうと思います」


◇◇◇◇◇ 杉本君(本校昨年度卒業生)  ◇◇◇◇◇

“六郷工科高校のデュアルシステム科に生徒としていた頃、長期就業訓練先として、 フルテック株式会社 様に3回お世話になったと思います。その後就職し、8か月経ちましたが、どのような心境ですか?”
「立ちまわり方は少しずつ覚えてきました。しかし、まだまだ分からないことが多いです。点検作業時、自動ドアの内部構造を把握しきれていません。取付け作業をまだやったことがないので、実際に行ってみたいと思っています」
“同期がいると思いますが、長期就業訓練の経験の有無により差は感じますか?”
「はい。本来なら知らないことをあらかじめ知っていますし、だいぶ有利だなと感じています」
“後輩達(関君・山沖君)はどうですか?”
「まだ一緒に作業をすることがなく、話しかしていません。仲良く和気あいあいとやっています」
“今後後輩たちに向けて伝えたいことはありますか?”
「メモをしっかり取り、誠意を見せることが大事だと伝えたいです」
“今後に向けての意気込みを聞かせてください”
「お客様に対してしっかりと説明できるくらい、もっと知識を高めたいです。また、自分で車の運転をして現場に行きたいです」

インタビューは以上です。ありがとうございました。