学校生活について

今日の六工 バックナンバー(2021年06月)

“有限会社 神代工業 様”に就職した、本校デュアルシステム科卒業生にインタビューを行いました(2021年6月29日)

本校デュアルシステム科卒業生の入月さんは、一昨年度本校卒業後、在学時代に長期就業訓練でお世話になった有限会社 神代工業 様に就職しました。今回はその入月さんにインタビューを行いました。
 入月さんの就職先:有限会社 神代工業 様
 業務内容:内面研削・平面研削・バフ研磨・工業用クロムメッキ等の金属表面加工

インタビュー内容と写真は以下のとおりです。


◇◇◇ 入月さん(卒業生) ◇◇◇

“なぜ、六郷工科高校のデュアルシステム科に入ろうと思いましたか”
「様々な企業に行き、実際のものづくりの現場をみて、長期にわたり訓練を行えると知りました。その中で、技術・技能を高めたり、ものづくりの重要性を知りたいと思い、入ろうと思いました」
“デュアルシステム科での3年間はどうでしたか”
「きついこともありましたが、人間と社会の時間や、インターシップ・長期就業訓練、成果発表会などを通して多くのことを経験し、社会人としての立ち居振る舞いなど、できなかったことをできるようになりました」
“神代工業様に初めてお世話になったのはいつですか”
「2年生の長期就業訓練の時です」
“2年生の頃、初めて神代工業様を志望したときは、どんな理由だったんですか”
「研磨の魅力にひかれ、どんなふうに実際に加工しているのか興味を持ち、実際にやってみたいと思い、志望しました」
“2・3年生の時に長期就業訓練でお世話になったと言っていましたが、続けて神代工業様にお世話になろうと思ったのはなぜですか”
「初めてお世話になった時、もうここに決めようと思いました。研磨を神代工業様で体験させていただき、会社の雰囲気が良く、作業を楽しくやらせていただいたからです。神代工業様で就職することを目指して、学生生活を送っていました」
“学生時代に長期就業訓練でお世話になっていたわけですが、卒業して実際に就職し、仕事をしている中で、長期就業訓練とは違うことはありますか”
「思い返すと、長期就業訓練の時には、比較的簡単な作業をさせていただいていたと思います。仕事としてやっていくうちに、専門性が高くなり、難しい加工をする場面が多くなりました」
“職場の環境はどうですか”
「優しい人が多く、とてもやりやすいです」
“今後に向けて一言お願いします”
「就職して1年と数か月経ちますが、まだ教えて頂きながら仕事をしています。早く一人で任されて仕事ができるように頑張ります。」
“後輩に向けてなにかアドバイスやメッセージをお願いします”
「デュアルシステム科に入学した生徒は、初めてのことが多く、大変だと思います。しかし、インターンシップや長期就業訓練などを通して、社会の厳しさを少しは体験できると思います。デュアルシステム科で学んだことをしっかりと身につけて、社会に出たときに活躍できるようになっていただければと思います」
“神代工業様に対してなにかお願いします”
「今コロナ禍で大変ですが、私自身今後精一杯頑張っていきますので、少しでも役に立てるようになります!」

インタビューは以上です。ありがとうございました。

デュアルシステム科の1年生が単独型企業見学②に行ってきました (2021年6月25日)

 6月25日(金)の午後、デュアルシステム科の1年生が2回目の単独型企業見学に行ってきました。前回初めての単独型企業見学に行き、緊張して上手くいかないことが多々ありました。今回は2回目ということで、前回の反省を活かして企業見学を行いました。


事前指導の様子

企業見学を通して、自分のやりたい仕事や職種を見つけ、働くことを考えるきっかけになってほしいと思います。また、各企業の雰囲気や社訓などについても学び、インターンシップに向けて企業選択の参考にしていきます。

デュアルシステム科の2・3年生が長期就業訓練期間中の登校日にて、中間報告等を行いました (2021年6月25日)

6月25日(金)の午前、デュアルシステム科の2・3年生が長期就業訓練中間報告を行いました。長期就業訓練は、6月10日(木)~7月6日(火)で行われています。中間登校日として、就業訓練の中間報告および運動を行いました。それぞれが、“実際に訓練した内容・訓練を通して学んだことや失敗したこと・今後の抱負”を発表しました。


中間発表の様子


中間発表の様子


体育館での運動の様子

約一か月という長い期間、企業での研修を行います。久しぶりに友人と再開して気分をリフレッシュし、また来週から残りの訓練を頑張って頂ければと思います。

“株式会社 オリエンタル工芸社 様”に就職した、本校デュアルシステム科卒業生にインタビューを行いました(2021年6月24日)

本校デュアルシステム科卒業生の小森さんは、専門学校に進学しました。その後、在学時代に長期就業訓練でお世話になった株式会社 オリエンタル工芸社 様に就職しました。今回はその小森さんにインタビューを行いました。
小森さんの就職先は、株式会社 オリエンタル工芸社 様
業務内容は、エレベータ押ボタン・各種部品製造

インタビュー内容と写真は以下のとおりです。

◇◇◇ 小森さん ◇◇◇

“なぜ、六郷工科高校のデュアルシステム科に入ろうと思いましたか”
「私が小中学校の頃、不登校気味でした。勉強があまりできなかったので、高いレベルの高校に行くことができませんでした。自分がいけそうな高校を探していたときに、六郷工科高校のデュアルシステム科を知りました。デュアルシステム科は、他の学校にはない面白そうな科だと思い、デュアルシステム科に入りました」
“デュアルシステム科はどうでしたか”
「最初のうちは何も知識がなく、色々と苦しい場面がありました。段々と慣れるにつれて、友達も増えたり、先生方も親身になって教えて頂いたりしました。最終的に卒業するころには、中学生の時にデュアルシステム科を選んで本当に良かったと思いました」
“オリエンタル工芸社様に初めてお世話になったのはいつですか。”
「2・3年生の長期就業訓練でお世話になりました。1年生のインターンシップで希望を出したのですが、先輩が希望していたらしく、そちらが優先のため、別の企業に行きました」
“1年生の頃、初めてオリエンタル工芸社を志望したときは、どんな理由だったんですか”
「最初に色々な企業様を見学させて頂いたのですが、一番興味を持ったのが、オリエンタル工芸社様でした」
“どのようなところに興味を持ちましたか”
「工業系の会社は、工作機械だけを動かす仕事のイメージを当時持っていました。オリエンタル工芸社様では、工作機械を動かすだけではなく、様々な仕事があり、新鮮でした。また、エレベータ押ボタンをつくっているのですが、エレベータ押ボタンに対する熱意が凄いなと感じました。日々、どのように仕事をしているのかということや、オリジナルのボタンをどうやって思いつくのか興味がありました」
“2・3年生の時に長期就業訓練でお世話になったと言っていましたが、続けてオリエンタル工芸社様にお世話になろうと思ったのはなぜですか”
「実際に長期就業訓練でオリエンタル工芸社様にお世話になった時、ボタンの組立てなどの作業をさせて頂きました。どういうところと言われると分からないんですが、会社の雰囲気などが凄く自分に合っていると思いました」
“デュアルシステム科を卒業し、進学したと思うのですが、オリエンタル工芸社様に就職しようとは思わなかったのですか”
「学生の頃、就職するなら絶対にオリエンタル工芸社様が良いと思っていました。就職を第一に考えて学生生活を送っていました。何がきっかけかは忘れてしまいましたが、進学に変えました。もう少し勉強に励み、自分の可能性を広げたいと考えていました」
「進学後、基礎知識の量の差か、周りとどんどん差が開いていきました。努力しなかったわけではないのですが、取り返しのつかない段階に入った時に、もう厳しいなと思い、途中で退学しました」
“どういった専門学校に進学したのですか”
「プログラミング関係の専門学校です。純粋なプログラムについては得意だったんですが、他のところでつまづいてしまいました」
“どれくらいで辞められたんですか”
「半年くらいで辞めました」
“辞めた後はどうしていましたか”
「何もしないのはまずいと思い、アルバイトをしていました。その後、父の努めている会社で、普通自動車の免許を取るためにアルバイトしないかと言われ、そこでもアルバイトをしていました」
“そこからどうオリエンタル工芸社様に繋がったのですか”
「父の勤め先でずっとアルバイトをできるわけではないので、正規でどこかに就職したいと考えていました。最初に頭に浮かんだのはオリエンタル工芸社様でした。それは、学生の時に就職するなら絶対にオリエンタル工芸社様だと思っていたからです。一般の公募で求人が出ていないかと当初は思っていました。そこでタイミングが良いことに、デュアルシステム科の先生から連絡が来ました。妹が六郷工科にいるのですが、妹伝いで私が専門学校を辞めていることを先生は知ったようでした。困っているなら学校に顔を出せと言って頂き、実際に学校に行き、話をさせて頂きました。都合のいい話かもしれないですが、できるのであれば学生時代にお世話になったオリエンタル工芸社様で働きたいと先生に伝えました。先生はオリエンタル工芸社様に連絡をしてくださり、アルバイトとして働かせて頂けることになりました。10か月間アルバイトとして働き、今年の4月に正社員にして頂きました」
“4月から3か月間働いてみて、どういった心境ですか”
「ひとつひとつの作業に対する責任感が大きくなり、いつも以上に慎重に作業するようになりました」
“後輩に向けてなにかアドバイスやメッセージをお願いします”
「自分のような人間でも真面目にやっていれば機会を与えてくれるいい学校です。本当に真面目に、こつこつと努力してみてください」
“オリエンタル工芸社様に対してなにかお願いします”
「私を拾っていただいて感謝しています。これからも自分の持っている限りの力をすべて出し切って仕事を頑張っていきたいと思います」

インタビューは以上です。ありがとうございました。

長期就業訓練中のデュアルシステム科2年生にインタビューを行いました。(2021年6月21日)

デュアルシステム科による長期就業訓練ついて、訓練中の生徒にインタビューを行いました。今回、インタビューを行ったのは、2年F組の野呂君です。
 野呂君の訓練先:株式会社 エアコンサービス 様

インタビュー内容と写真は以下のとおりです。

◇◇◇ 野呂君 ◇◇◇

“株式会社 エアコンサービス 様に志望した理由を聞かせてください”
「私自身、エアコンの構造に興味があったのと、先生に勧められたからです」
“初めての長期就業訓練ですが、どのような心境ですか”
「インターシップと比べて実施期間が長いのと、現場仕事なので移動が多く、体調管理が難しいです。学校と比べて帰宅時間も遅いです。仕事は仕事、休むときはしっかり休むなどの切り替えが大事だなと思っています」
“作業内容は何ですか”
「エアコンの取付け、クリーニング、部品交換をメインでやらせて頂いています」
“大変なことは何ですか”
「気の使いかたに慣れておらず、難しく感じています。現場に直接行き、お客様とお会いします。お客様の対応が上手にできず、たまに注意を受けます」
“職場の環境はどうですか”
「なかなか積極的に話すことができていないところがありますが、とてもやりやすいです」
“働いた感想を聞かせください”
「エアコンは面白いと思いました。構造が面白いと思いますし、使う道具も初めてなものが多く、色々なことが知ることができて勉強になります」
“今後の意気込みを聞かせてください”
「今回の経験を糧に、今後も頑張っていきたいと思います」

インタビューは以上です。ありがとうございました。

6月21日(月)からの登校について(2021年6月21日)

緊急事態宣言が解除に伴い、本日6月21日(月)より全学年登校が始まりました。

デュアルシステム科の1年生が単独型企業見学①に行ってきました (2021年6月18日)

 6月18日の午後、デュアルシステム科の1年生が1回目の単独型企業見学に行ってきました。
 11月~12月に行われるインターンシップの企業を決めるために、これから約5社の企業を訪問いたします。マナー講演会や引率型企業見学で学んだ挨拶や言葉遣い、名刺交換など社会人として必要な立ち居振る舞いを実践で活かしていきます。


身だしなみ・持ち物確認


事前指導の様子

1回目なので緊張して上手くいかなかったなどの声も聞こえてきましたが、次回の第2回単独型企業見学でさらに成長していきます。

長期就業訓練中のデュアルシステム科2・3年生にインタビューを行いました。(2021年6月17日)

6月17日(木)デュアルシステム科による長期就業訓練ついて、訓練中の生徒にインタビューを行いました。今回、インタビューを行ったのは、2年F組の秋元君・岩﨑君と3年F組の石田君・村越君です。
 秋元君の訓練先:株式会社 ニイヅマックス 様
 岩﨑君の訓練先:株式会社 オリオンテック 様
 石田君の訓練先:三栄精機 株式会社 様
 村越君の訓練先:株式会社 極東精機製作所 様

インタビュー内容と写真は以下のとおりです。

◇◇◇ 秋元君 ◇◇◇

“株式会社 ニイヅマックス 様に志望した理由を聞かせてください”
「三次元CADに興味があり、どのように扱うのか知りたく希望しました」
“初めての長期就業訓練ですが、どのような心境ですか”
「ニイヅマックス様にはインターンシップで5日間お世話になりました。最初は凄く緊張しましたが、大分慣れてきました。インターンシップの時と比べて難易度が高くなりました。内容が難しく、理解しづらい部分もあります。今後は作業がスムーズにできるように頑張っていきたいと思います」
“作業内容は何ですか”
「SolidWorksによるCAD設計を主にやっています」
“大変なことは何ですか”
「PCの操作にまだ慣れておらず、時間がかかってしまうところです」
“職場の環境はどうですか”
「どの企業でも挨拶などのコミュニケーションが大事だと思います。自分から積極的に行っていますし、話をしやすい環境です。設備も良くて集中して行える環境でやりやすいです。」
“働いた感想を聞かせください”
「改めて働くことの大変さがわかりました。ニイヅマックス様で働いている社員さんを見ていても思いますが、疲れていても頑張って働いている姿をみると、自分自身頑張っていこうと思っています」
“今後の意気込みを聞かせてください”
「気を抜かずに仕事に集中できるように1か月間頑張って行きたいと思います」

◇◇◇ 岩﨑君 ◇◇◇

“株式会社 オリオンテック 様に志望した理由を聞かせてください”
「自分がどんなことをやりたいか、自己理解ができていません。様々な工作機械があるところで訓練を行いたいと思い、オリオンテック様を志望しました」
“長期就業訓練、まだ4日目ですがどのような心境ですか”
「不安なところがありますが、ここから先、遅刻や欠席などしないように体調管理をしっかりしていきたいと思います」
“行った作業内容は何ですか”
「旋盤でのドリル加工・ドリルの研削、旋盤での外周と内周の切削加工・面取りなどをしました。また、製品の検査を3D測定器や画像測定器でやりました。CADでの製図など様々なことをやらせて頂きました」
“大変なことは何ですか”
「初めて使用するものが多く、0から覚えていくのが大変です」
“職場の環境はどうですか”
「皆様、とても優しいです。色々な種類の新しいものが揃っており、とてもやりやすいです」
“働いた感想を聞かせください”
「企業の方にはとても優しく指導して頂き、やりやすいです。しかし、いつか自分一人でもしっかりとできるようにしたいと思います」
“今後の意気込みを聞かせてください”
「わからないことがまだまだ多いのですが、しっかりと質問をし、メモをよく取って、最後まで諦めずにやりたいと思います。お母さんいつも朝早くお弁当作ってくれてありがとう」

◇◇◇ 石田君 ◇◇◇

“三栄精機 株式会社 様に志望した理由を聞かせてください”
「三栄精機様には1年生の時から今までずっとお世話になっています。自分がやりたいなと思っている仕事が三栄精機様にはありました。また、三栄精機様には精密な機械が沢山あり、それらを動かして技術・技能を高めたいと思いました。」
“作業内容は何ですか”
「今はマシニングセンタに部品を装着したり、作った製品の洗浄作業・バリ取りを主に行っています」
“大変なことは何ですか”
「今バリ取り作業をやらせてもらっています。かなり精度が求められていて、正確に行う必要があるところです」
“職場の環境はどうですか”
「とてもやりやすいと感じています。作業に集中できる環境でやらせて頂いています」
“働いた感想を聞かせください”
「今のところ私としては順調にいっているように思います。嫌な作業や苦痛な作業なども当然ありません。むしろ、自分がやりたいと思う作業を進んでやらせて頂いており、凄く楽しいです」
“今後の意気込みを聞かせてください”
「怪我のないように、不良品をつくらないように、会社に貢献したいと思います。また、自分自身にプラスになる技術を身につけたいと思います」

◇◇◇ 村越君 ◇◇◇

“株式会社 極東精機製作所 様に志望した理由を聞かせてください”
「汎用旋盤が今後少なくなっていくと考えると、数値制御による加工法を覚えることが自分の実になると思います。極東精機様にはNC系の工作機械が多くあるので志望しました。また、就職も希望しています」
“長期就業訓練、まだ4日目ですがどのような心境ですか”
「大方の作業の流れや機械の操作方法を大体覚えてきました。今後はプログラムの細かな設定などを覚えていきたいと思います」
“作業内容は何ですか”
「NC旋盤でクランクをつくっています。また、製品のバリ取りや梱包・組立てをしました」
“大変なことは何ですか”
「チャックの爪を外す作業をしたりするのですが、かなり力がいります。それが一番大変です」
“職場の環境はどうですか”
「工作機械はとても整備が整っており、整理整頓されています。コミュニケーションなども取りやすく、やりやすいです」
“働いた感想を聞かせください”
「極東精機さんにお世話になるのは今回で二回目です。一回目は、凄く長く感じました。しかし、今回は慣れてきたせいかあっという間で楽しく感じてきています」
“今後の意気込みを聞かせてください”
「今後はNC旋盤を使っていき、完璧に操作することができるようにし、就職に繋げることができればなと思っています」

インタビューは以上です。ありがとうございました。

株式会社 極東精機製作所 様・株式会社 サンアル 様”に就職した、本校デュアルシステム科卒業生にインタビューを行いました(2021年6月17日)

6月17日(木)デュアルシステム科による長期就業訓練後、訓練先企業様に就職した本校卒業生にインタビューを行いました。今回、インタビューを行ったのは、昨年度卒業生の古旗さんと村上さん、一昨年度卒業生の松岡さんです。
 古旗さんの就職先:株式会社 極東精機製作所 様
 松岡さん・村上さんの就職先:株式会社 サンアル 様

インタビュー内容と写真は以下のとおりです。

◇◇◇ 古旗さん ◇◇◇

“学生時代、株式会社 極東精機製作所 様にはどれくらいお世話になりましたか”
「1・2年の時はお世話になりませんでした。3年生の時、前期と後期の長期就業訓練でお世話になりました」
“長期就業訓練でお世話になろうと思ったきっかけはなんでしたか”
「1・2年生の頃も工作機械による加工をする企業様にお世話になっていました。3年生の前期長期就業訓練を決めるとき、1番最初に志望していた会社様がコロナ禍の関係で行けなくなってしまいました。そこで困っていた時、デュアルシステム科の先生に極東精機製作所様を紹介して頂きました。その後自分自身、極東精機製作所様をとても気に入り、就職まで繋げることができました」
“職場の環境はどうですか”
「とてもいいなと思っています。年の近い六郷工科卒業生の先輩が二人おり、話しやすくて、わからないことも聞きやすいです」
“学生の頃と働いている今、思っていたことと違ったことやギャップを感じたことはありますか”
「学生の頃と比べて専門的に作業しているので、機械の操作が難しいです。以前、数値制御工作機械が予想していない動きをしてしまい、機械をぶつけてしまいました。自分が思っている以上に、機械を動かすことへの責任感の重さを感じます」
“就職して2か月ちょっとですが、働いた感想を聞かせください”
「まだまだ分からないことが多く、仕事のペースが遅いです。これからも働き続けることを考えると、もっと作業ペースを上げて頑張っていきたいと思います」
“今後についてお聞かせください”
「一人で機械を動かし、加工ができるようになりたいです。それまでは自分で色々試しながら頑張っていきたいと思います」
“後輩たちに向けてメッセージをお願いします”
「私が1・2年生の頃、わからないことも多く、メモも全然取れませんでした。このままでこの学校を卒業できるのか。就職できるのかと不安を抱えるときもありました。しかし、コロナ禍などの厳しい状況でも先生方に支えてもらったり、自分でできることを頑張りました。学生時代には技能検定である、普通旋盤3級を取得しました。諦めずにどんなことでもやっていって欲しいと思います。頑張ってください」

◇◇◇ 松岡さん ◇◇◇

“学生時代、株式会社 サンアル 様にはどれくらいお世話になりましたか”
「1年生の時のインターンシップから卒業するまでずっとお世話になりました」
“長期就業訓練でお世話になろうと思ったきっかけはなんでしたか”
「インターンシップの最後の方で、難しい加工をさせて頂きました。その時のことを忘れられず、さらに深く知りたいと思いました。2年生の時の長期では汎用フライス盤を使わせて頂きました。それからマシニングセンタを触らせてもらったり、上枠作成をさせてもらったり、この会社でできることはほとんど学生のうちにやらせて頂くことができました。訓練を行うにつれて、サンアル様に恩返しするためにも、そのまま就職し、時間をかけて自分のできることの幅を広げていきたいと思いました」
“職場の環境はどうですか”
「やりやすい環境です。皆さんと仲良くやらせて頂いています」
“学生の頃と働いている今、思っていたことと違ったことやギャップを感じたことはありますか”
「働いてみて、仕事に対する姿勢というか、かなり意識が変わりました。学生の頃は、企業様に言われたことをこなしていました。今では自ら率先して動き、仕事を探します。先輩に相談しながら使う工具も自分で決めます。自分のできる加工の範囲を自ら広<。今隣で作っている加工品ですが、最初は私が同じものを作っていました。自分で加工しているときは40分位かけて加工しました。先輩が作ったプログラムだと20分位でできてしまいます。自分も先輩を参考にし、加工工程を見直したりしています。まだまだ奥が深いです」
“就職して1年と2か月ちょっとですが、働いた感想を聞かせください”
「大分仕事に慣れることができました。就職したての3か月くらいは本当にボロボロで、正直なところ甘く見ていました。学生と社会人では全然違うことを改めて感じました」
“今後についてお聞かせください”
「まだ詳しいことは決まっていませんが、工場内にある5軸の機械を勉強することになっています。1年くらいかけて自分も使えるようになればいいかなと思います。それに向けて頑張ります」
“後輩たちに向けてメッセージをお願いします”
「デュアルシステム科に所属しているのであれば、最低限の社会のルールやマナーを身につけて欲しいと思います。それは生徒もそうですが、先生方にもしっかりと指導をして欲しいと思います。インターシップや長期就業訓練がなんであるのかを意識しながら取り組んで欲しいです。これから1年生は企業見学が始まり、右も左もわからないと思います。自分の進路を探りながら自分で行動したり、先生に相談したりしてください。疑問に思ったことは質問したり相談したりすることが大事です。それが自分自身の知識になり、今後も役に立つことになります。少しでもわからなければ聞いて欲しいです。2年生は初めての長期就業訓練中だと思います。初めてのことで最初は戸惑うことが多いと思いますが、くじけずに頑張って欲しいです。3年生は就職に向けて長期就業訓練に取り組んでいると思います。今のうちに社会で通用する基礎を作っておけばこの先、生徒自身も楽になると思います」

◇◇◇ 村上さん ◇◇◇

“学生時代、株式会社 サンアル 様にはどれくらいお世話になりましたか”
「1年生の時に企業見学で来てはいましたが、お世話になったのは、2年生後期の長期就業訓練から卒業までです。」
“長期就業訓練でお世話になろうと思ったきっかけはなんでしたか”
「2年生の途中で、自分の得意なことや使える機械を見つけたいと思いました。特に色々な加工などを通して自分の能力を上げたいと思いました。サンアル様は大量生産品よりも、一品物の依頼が多くきます。一品物だと、一から加工を考えなくてはいけません。実際にそれらを加工して自分の力を高めたいと思いました」
“なぜ就職しようと思いましたか”
「まずは会社の雰囲気が良く、馴染みやすかったので自分に合っていると思いました。先輩も優しく丁寧に教えてくれますし、聞いたこともしっかり教えてくれます。とてもやりやすい環境だったことです。そして、先程も話しましたが、一品物が多くて自分の能力を高められると思いました」
“学生の頃と働いている今、思っていたことと違ったことやギャップを感じたことはありますか”
「学生と社会人との身分の差を感じます。ひとつひとつの作業にも責任が問われます。一つ一つの作業に常に注意をしながらやらなくてはいけないです」
“就職して2か月ちょっとですが、働いた感想を聞かせください”
「私は仕事をし始めたのと同時に一人暮らしを始めました。初めての環境ばかりです。一人で沢山のことをやらなくてはならず、肉体的にしんどいです。しかし楽しい仕事で、自分の能力に直結する仕事なので、とてもやりがいを感じています」
“今後についてお聞かせください”
「今は先輩に教えてもらいながら仕事をしています。もしかしたら今後、六郷工科高校から新入社員がきた時に、自分が教えられるように頑張りたいと思います」
“後輩たちに向けてメッセージをお願いします”
「学生の頃、私は提出物をしっかりと出せていませんでした。よく先生に怒られて苦労しました。提出物などはしっかり期限内に提出し、先生の話をよく聞いて欲しいです。特にインターンシップや長期就業訓練の期間はとても大事です。大切に過ごして欲しいです」

インタビューは以上です。ありがとうございました。

[男子バレーボール部]関東大会東京都予選会・総合体育大会東京都予選 の結果(2021年4月25日)

4月25日 関東大会東京都予選会

新型コロナウイルス感染症の影響で1~3月はほとんど活動できず、4月に入っても思うような活動ができない中、感染症対策を徹底して練習を行ってきました。
六郷工科は初戦がシードとなっており、大会2日目、2回戦からの試合となりました。対戦相手は都立武蔵丘高校でした。高さのある攻撃に苦戦し、2セット目も終盤までリードされる厳しい展開でしたが、何とか逆転し、ストレートで勝利することができました。
3回戦はシード校の桜美林高校でした。
1セット目は自分たちの雰囲気でバレーをすることができ、終盤まで一進一退の攻防を繰り広げていましたが、最後にミスがでてしまい、落としてしまいました。2セット目は集中が切れて前半からミスが続き、点差を離されて負けてしまいました。
緊急事態宣言の中、試合が出来るだけで本当に有り難いことですが、その中で1勝し、シード校とも終盤まで戦うことができたのは、生徒たちも自信になったと思います。GW期間中は活動ができませんが、5/30の総体予選に向けてより一層頑張りますので、今後とも応援よろしくお願いいたします。

[試合結果]
六郷工科 2(1set:25-14 2set:25-23)0 都立武蔵丘
六郷工科 0(1set:23-25 2set:16-25)2 桜美林




5月30日 総合体育大会東京都予選

本校体育館が会場校となり総体予選が行われました。1回戦は麻布高校で、1セット目は序盤から自分たちのペースで試合をすることができ取ることができました。しかし、2セット目は前半からミスが目立ち、相手にリードを許す展開。それでも中盤以降、相手のミスもあり連続得点で逆転し、ストレート勝ちを収めることができました。
2回戦はシード校の大成高校でした。シード校相手に積極的に攻撃をしていきましたが、相手のサーブやアタックに崩され、こちらのミスが続き、ストレートで負けてしまいました。今回の大会を通して、自分たちの課題が見つかり次回の春高予選に向けて改善していきたいと思います。応援ありがとうございました。

[試合結果]
六郷工科 2(1set:25-18 2set:25-18)0 麻布
六郷工科 0(1set:17-25 2set:19-25)2 大成


6月21日(月)の登校について(2021年6月18日)

6月21日(月)は、1・2・3年生の全学年が登校日です。22日(火)以降のことは、21日(月)にHRでお知らせします。

~ありがとうございました~ 地元企業様よりマスクを寄贈いただきました(2021年6月18日)

地元企業の株式会社ヒダロジスティックス様より、マスクを段ボール箱4箱分をご寄付いただきました。オリンピック開催が目前に迫まり、予防対策のさらなる徹底しなければならない日々が続いている中、温かいご支援を賜り深く感謝申し上げます。


長期就業訓練中のデュアルシステム科2・3年生にインタビューを行いました(2021年6月15日)

6月15日(火)、デュアルシステム科による長期就業訓練ですが、訓練中の生徒にインタビューを行いました。今回、インタビューを行ったのは、2年F組の林君・山﨑君と3年F組の小川君です。
 林 君の訓練先:株式会社 ジャパンエレクトロニクスシステム 様
 山﨑君の訓練先:株式会社 カセダ 様
 小川君の訓練先:株式会社 共運 様

インタビュー内容と写真は以下のとおりです。

◇◇◇ 林君 ◇◇◇

“株式会社 ジャパンエレクトロニクスシステム 様に志望した理由を聞かせてください”
「色々な機器の試作を行っていると聞いて、他の企業じゃ学べないことを学べると思い、志望しました」
“初めての長期就業訓練ですが、どのような心境ですか”
「学校とは全然違う環境なので、気を引き締めていきたいです」
“作業内容は何ですか”
「ICの回路の設計図を書いたり、基盤を作ったりしています」
“大変なことは何ですか”
「はんだ付けは細かい作業なので、つなぐところを間違えないようにするのが大変です」
“職場の環境はどうですか”
「アットホームな感じでとてもいい環境です」
“どんなことを学びましたか”
「学校で学ぶことができない、トランジスタの仕組みや電流の流れ方、電気回路について学ぶことができました」
“これからどんな作業をするのですか”
「数字のカウントを行う、十進カウンターの設計図を書くことと、製作を行います」
“今後の意気込みを聞かせてください”
「吸収できることは全部吸収できるように頑張ります」


◇◇◇ 山﨑君 ◇◇◇

“株式会社 カセダ 様に志望した理由を聞かせてください”
「自動機の設計製造、OA・家電製品の設計・製造に興味があり、志望しました」
“行った作業内容は何ですか”
「参考書を読みながら、ラズベリーパイのOS導入・エラーチェックを行っています」
“大変なことは何ですか”
「ラズベリーパイのOS導入・エラーチェックを、参考書を読みながら行っているのですが、専門用語が多く大変です」
“職場の環境はどうですか”
「皆さん人当たりが良く、優しく教えてくれていい職場です」
“働いた感想を聞かせください”
「ラズベリーパイをいじっているのですが、難しくて苦労しています」
“今後の意気込みを聞かせてください”
「ラズベリーパイをしっかりと操作できるようになるまで頑張ります!」

◇◇◇ 小川君 ◇◇◇

“株式会社 共運 様に志望した理由を聞かせてください”
「倉庫管理を通して、ものを大切に扱うことを学びたいと思ったからです」
“長期就業訓練、まだ4日目ですがどのような心境ですか”
「重い荷物を運んでいて、物流の大切さを学びました」
“作業内容は何ですか”
「送られてきた段ボールの箱を束ねて、移動させたりしています」
“大変なことは何ですか”
「重い荷物を運ぶのが体力的に大変です」
“職場の環境はどうですか”
「上手くできないことがあり、怒られてしまうことが時々あります。厳しい時もありますが、優しさを持って教えてもらっています」
“働いた感想を聞かせください”
「まだ4日目ですが、重い荷物を一杯運んでいて、筋肉痛がでてきました。しかし、最期までしっかりとやり切りたいと思います」
“今後の意気込みを聞かせてください”
「株式会社 共運 様に就職を希望しています。大変なこともありますが、就職に向けてこれからも頑張ります!」

インタビューは以上です。ありがとうございました。

デュアルシステム科の1年生が引率型企業見学に行ってきました (2021年6月11日)

 6月11日の午後、デュアルシステム科の1年生が引率型企業見学に行ってきました。
 引率型企業見学は、デュアルシステム科の教員が引率して、2社の企業へ見学に行きます。引率教員が生徒の手本として、挨拶の仕方や名刺交換の仕方・質問の仕方などを実演します。生徒はそれらを実際に行い、今後単独型企業見学を一人でできるように勉強します。今回は4班に分かれ、見学に行きました。

1班:株式会社オリオンテック、興國機工株式会社
2班:三和特殊精密株式会社、株式会社三輝
3班:日新電気株式会社、有限会社東蒲機器製作所
4班:株式会社玉川パイプ、有限会社織田


持ち物・身だしなみ確認の様子

体育祭結果発表!!!(2021年6月10日)

本日、体育祭の結果が、1・2年生に発表されました。今年の優勝は白団です!おめでとうございます!

体育祭当日の結果発表の様子




そして、本日大縄跳びで1位に輝いた2年C組の教室で、校長先生から表彰状が送られました。おめでとう!

デュアルシステム科の2・3年生による、1か月間の長期就業訓練が始まりました(2021年6月10日)

本日よりデュアルシステム科の2・3年生による、長期就業訓練が始まりました。
長期就業訓練は、6月10日(木)~7月6日(火)と長きにわたる期間行われます。生徒一人一人が社会の一員として働く自覚を持って臨めるように、8日と9日に、事前指導を行いました。


2年F組事前指導の様子


デュアルシステム科としても、怪我や事故に巻き込まれることなく、無事に1か月間訓練を行えることを祈っております。また、それぞれが学びたい“技術・技能”を習得し、今後の進路に役立てて欲しいと思います。

長期就業訓練中の生徒にインタビューをし、今後掲載していきたいと思います。

3年生に向けた進路ガイダンスを行いました(2021年6月9日)

本日、3年生に向けてキャリア部の先生方から進路ガイダンスが行われました。今年度版の「進路の手引き」に沿って、今後の進路活動の流れについてお話がありました。本格的な進路活動開始まであっという間です。今日聞いたお話も含めて、お家の方と自分の進路について話をする時間をぜひ作ってください。


進路ガイダンスの様子①

進路ガイダンスの様子②


第14回体育祭を開催しました! (2021年6月8日)

本日、第14回体育祭を開催しました。雲一つない晴天の中での体育祭となりました。生徒からは晴れ晴れとした笑顔が見られました。
緊急事態宣言最中での開催のため、開催が危ぶまれていましたが分散登校というかたちで無事に開催することができました。こまめに水分補給をしたり、競技中のマスクの着用は体調に合わせて行うように、熱中症対策を行いながら実施しました。
限られた練習期間でしたが、どの学年・クラスも本番では精一杯競技に取り組んでいました。普段の授業では、なかなか見ることができないクラスの団結力を感じられました。
結果発表は後日となります。明日からの授業に備え、本日は身体を十分に休めてください。


学年競技:綱引き(1年1組)


学年競技:綱引き(1年2組)


学年競技:綱引き(1年3組)


学年競技:綱引き(1年4組)


学年競技:綱引き(1年5組)


1年生集合写真


学年競技:大縄跳び(2年A組)


学年競技:大縄跳び(2年B組)


学年競技:大縄跳び(2年C組)


学年競技:大縄跳び(2年D組)


学年競技:大縄跳び(2年E組)


学年競技:大縄跳び(2年F組)



2年生集合写真


学年競技:ムカデ競争(3年A組)


学年競技:ムカデ競争(3年B組)


学年競技:ムカデ競争(3年C組)


学年競技:ムカデ競争(3年D組)


学年競技:ムカデ競争(3年E組)


学年競技:ムカデ競争(3年F組)


3年生集合写真


色別選別リレー①


色別選別リレー②


色別選別リレー③


色別選別リレー④


色別選別リレー⑤


色別選別リレー⑥


色別選別リレー⑦


色別選別リレー⑧


色別選別リレー⑨


色別選別リレー⑩


色別選別リレー⑪


3年生の様子


3年生の様子


「プログラム」表紙デザイン:デザイン工学科3年生の齋藤大地さん


体育祭実行委員長:3年C組山田実典さん


デュアルシステム科の2・3年生が1か月間の前期長期就業訓練の書類提出に行ってきました (2021年6月7日)

本日の午後、デュアルシステム科の2・3年生が前期長期就業訓練に向けて、各クラスにて書類の確認を行い、それぞれの企業先に書類提出に行ってきました。 本日は2・3年生が登校日です。午前中は通常授業で、午後は係生徒のみ体育祭の準備をしました。限りある時間の中で生徒一同がそれぞれ目的を持って、入念に確認作業を行い、出発しました。
前期長期就業訓練は、6月10日(木)~7月6日(火)と長きにわたる期間行われます。6月25日(金)は登校日とし、各企業での作業の取組みの様子など報告をしてもらう予定です。
安全第一に作業を行い、無事に1か月間訓練を行えることを祈っております。また、それぞれが学びたい“技術・技能”を習得し、今後の進路に役立てて欲しいと思います。


2年F組の様子

3年F組の様子


体育祭予行(2021年6月3日)

6月3日(木)、体育祭予行練習を行いました。明日4日(金)の体育祭は雨予報で開催が危ぶまれますが、学年毎に分散し本番に向けての最終練習を行いました。
体育祭の開催可否については、本日3日17:00に本ホームページにアップに掲載されますのでご確認をお願いします。









体育祭練習日1日目!(2021年6月1日)

昨日で中間考査が終わり、今日からは6月4日に開催を予定している体育祭の練習日です!
本日は1年生と3年生が練習をしました。3年生は昨年開催がなかったため、練習への熱意もより一層感じられました。1年生は入学して初めての学校行事です。クラスの絆が深まるイベントとなるといいですね!